• このブログにはアフィリエイトが採用されています。 筆者本人がリンクを張っている場合には太字にて区別をするようにしていますが、どうか間違ってクリックしてください!(爆)但し、行った先のサイトについての責任は取りません・・・
  • 『ウェブログ』と言うだけに当然ですが、記事の内容は全て記載日現在の事項です。
  • サムネイル表示している写真をクリックすると、大きめの写真をご覧いただける可能性が高いです。
  • ソニーレコードの『オトフレーム』は、2回クリックすると試聴を聴くことが出来ます。

2007年07月24日

広島港に飛行船が入港?!(笑)

広島港とは、
観音崎,峠島南端及び似島 南東端を順次結んだ線,同 島地獄鼻,大カクマ島南端及 び大カクマ島南端と沖山ノ鼻 を結んだ線上,同南端から 4,950メートルの地点から318 度に引いた線及び陸岸によ り囲まれた海面ならびに天満 川昭和大橋,旧大田川舟入 橋,元安川南大橋,京橋川 御幸橋,猿猴川黄金橋各下 流の河川水面。ただし,漁港 法(昭和25年法律第137号)に より指定された草津漁港及び 五日市漁港の区域を除く。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
という、『海の港』なのですが、ときどき、空から入港してくる『飛行船』がいます!

その着陸の光景が・・・
ん?何だろう。あの筒みたいなやつは・・・ 飛行船かぁ・・・って、着陸態勢だし!

日本飛行船『ツェッペリンNT』
日本飛行船のツェッペリンNT飛行船が「広島港出島地区に入港」したわけです。



飛行船の船体に巻かれたバナーには、
『FLY WITH ME!』の文字が書かれています。
「あたしといっしょに飛んで〜!」   (。-_-。)ポッ…。

ちなみに、日本飛行船のサイトにある『ツェッペリンNT/運航概要・飛行条件等』の『係留地』の条件説明によると
地方での運航の場合は、飛行船の臨時場外離着陸場として直径286mの円もしくは200m×200mの平坦地が必要となります。なおかつ、原則として離着陸場境界の外周に障害物(高い建物、鉄塔等)の無いことが条件となっています。
『ツェッペリンNT/運航概要・飛行条件等』-『飛行船ガイド』 日本飛行船
とのことで、広島市だと、この広島港出島地区(広島県)にある、この場所が適切だったのでしょう。

広島港出島地区の地上に降りた飛行船は
地上に降りた飛行船
のように垣間見えるのですが、その手前には
立入禁止看板の向こうに飛行船
立入禁止の看板が・・・。
posted by RainbowCity at 23:14| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 広島市内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。