• このブログにはアフィリエイトが採用されています。 筆者本人がリンクを張っている場合には太字にて区別をするようにしていますが、どうか間違ってクリックしてください!(爆)但し、行った先のサイトについての責任は取りません・・・
  • 『ウェブログ』と言うだけに当然ですが、記事の内容は全て記載日現在の事項です。
  • サムネイル表示している写真をクリックすると、大きめの写真をご覧いただける可能性が高いです。
  • ソニーレコードの『オトフレーム』は、2回クリックすると試聴を聴くことが出来ます。

2007年07月20日

クルージングシップ『銀河』海の日謝恩クルーズ・・・

瀬戸内海汽船のクルージングシップ『銀河』海の日謝恩クルーズに行ってました。

宇品島と宇品外荷埠頭地区 本土と江田島の間 小麗女島と大麗女島
午前10時ごろ、快晴に恵まれ視程もほぼ良好のコンディションの中、まずは音戸の瀬戸へ向かって広島港を出港・・・

のはずだったのですが、そんな期待をことごとく裏切った衝撃の風景が・・・
これだぁ!1・2・3!
宇品島と宇品外荷埠頭地区 本土と江田島の間 小麗女島と大麗女島
大和波止場に接岸するクルージングシップ『銀河』


午前10時ごろ、今にも雨が降り出しそうなコンディションの中、まずは音戸の瀬戸へ向かって広島港を出港しました。
まぁ、通常はランチ5000円〜…というクルージングレストランですので、Aコース『広島港〜音戸の瀬戸〜呉港+呉港〜広島港』食費別で2千円、Bコース『呉港〜音戸の瀬戸〜呉港』食費別で1千円で、AB両コース乗船料に軽食&ビール1杯のお代を合わせても合計5千円ちょいで6時間も『銀河』クルーズを楽しめたんだからお天道様にまで文句を言えるもんじゃないよな…

と天気のお話は置いておいて・・・
銀河 エンブレム
「銀河に乗ったぞー」自慢写真(笑)『銀河』のレリーフです。
と、記念写真を撮って2階後部デッキに出てみると、なにやら海上保安庁の巡視船が入港して、6番乗り場に横付けされました。
が、その直後、もう1隻やってきて・・・。
ん?海上保安庁の船がぽっつーんと漂泊中・・・
なんだか行く宛てなさそうにぽっつーんと漂泊していました。

これは後でわかったのですが、全国海難防止強調運動と言う事で、広島海上保安部で幼稚園児による一日海上保安官と言うイベントがあったようで、先に来た巡視船は広島海上保安部の『しまぎり』だったようです。
『しまぎり』は、広島海上保安部から宇品ターミナルまで幼稚園児達を乗せてきたようです。と、ちょうどそこに、『月曜恒例の用事』をしに来た海上保安庁の船が鉢合わせて待ちぼうけを食らっちゃったのかなぁ・・・(笑)

しばらくして、何があったのか、さっきまでぽっつーんと漂泊していた船が『銀河』の船尾間近を横切ってくれました!あざーっす!!
海上保安庁  灯台見回り船『みちひかり』
ぽっつーんと漂泊していたのは広島海上保安部所属の灯台見回り船『みちひかり』でした。
銀河の右舷にまわり込む『みちひかり』
海上保安庁の灯台見回り船『みちひかり』が『銀河』の右舷側に進んでいきます。
『銀河』左舷から宇品旅客ターミナルを見る
と、汽笛が…『銀河』の汽笛って『ぼ〜〜』じゃなくて『きゅんきゅんきゅぃ〜ん』だったのね…鳴り、ゆっくりと後退転針して出港しました。
屋形石灯標 天応〜切串航路の『さくら2』
呉ポートピアパーク 瀬戸内海汽船フェリー『四万十川』
そして、呉港沖を通過して音戸の瀬戸へ直行しました。
実は広島港〜呉港の間は結構通っているのですが呉港通過の航路を通ったのは初めてで、いつもは左転回する小麗女島灯台を直進する感覚は新鮮でした。
瀬戸内海汽船 スーパージェット『宮島』
瀬戸内海汽船のスーパージェットに追い越されながら音戸の瀬戸へ向かって行きます。
三子島 塩山が低くて残念・・・
音戸の瀬戸に入る直前に見える、例の三ッ子島です。
塩の山が低くてちょっと残念でしたが、呉市警固屋沖から見ると低くてもよく見えます。
音戸灯台
音戸灯台が見えました。いよいよ音戸の瀬戸の北口に差し掛かります。
音戸瀬戸北口灯浮標
そして、音戸の瀬戸航路部分の中央を示している音戸瀬戸北口灯浮標を左にみて音戸の瀬戸に入っていきます。
音戸の瀬戸。 せまっ!
すると、・・・せまっ!(笑)音戸の瀬戸です。
上にかかっている橋は音戸大橋です。
これだけ狭い瀬戸に広島・呉〜松山航路旅客船をはじめとしてたくさんの船が通るわけで…海上交通の難所の1つです。
お!音戸渡船だ!
しかも、この音戸の瀬戸を横断する渡船『音戸渡船』があったりします。

(実はこの続きに海上自衛隊呉基地沖を航行という話が続くわけですが、「満艦飾の自衛艦」の掲載は遠慮させてください。)


ドック入り?海上保安庁 巡視船 PL52『あかいし』
IHIマリンユナイテッド呉工場沖から見る『大和のふるさと』・・・
の手前にいた海上保安庁の巡視船『あかいし』です。(笑)
それにしても、不審船・工作船対策対応とはいえ、海上保安庁の船がステルス船型って…

と、呉港の海上自衛隊基地桟橋沖とIHI MU沖を経て呉港の大和波止場へ到着しました。
ここで、Aコースの皆様は呉市内観光のために一旦下船しました。
海上自衛隊 展示用潜水艦『あきしお』 呉海事歴史科学館『大和ミュージアム』
大和波止場に着いた『銀河』の目前には、こういうものも見えますので、多分行き先には困らなかったことでしょう。

と、この間にちょっとだけ『銀河』の写真を・・・。
『銀河』ロイヤルルーム 『船で使われるロープの結び方』説明板
『銀河』2階後部デッキ カウンター
『銀河』2階後部デッキのカウンターで軽食が発売されていました。これが『屋台』だったわけで・・・。相当リーズナブルでしょ?
『銀河』2階メインフロア 『銀河』2階メインフロアにある装飾
『銀河』製造銘板

と撮影している間にも、Bコースのお迎えの準備は進み・・・
(お邪魔しました…けど、『ABコース乗りっぱなし』の客なんで(笑))
ファーストビーチ フェリー『古鷹』
『銀河』の横をファーストビーチ呉〜江田島(小用)航路の『古鷹』も江田島へ向け出港し…そろそろBコースの出港…なのですが、雨・・・。そして、私は音戸の瀬戸2周目・・・。
再び、音戸の瀬戸に向かいます。
石崎汽船 フェリー『旭洋丸』 清盛塚
音戸大橋と音戸の瀬戸 南口から

そして、
音戸瀬戸南口灯浮標
音戸瀬戸南口灯浮標をUターンして再び音戸大橋をくぐって呉港へ帰ります。これでBコースはおしまい。
全コース雨、途中雷も鳴るというちょっとかわいそうなコースでした。

そして、呉港大和波止場から、先ほど呉市内観光に行ったAコースの乗客を乗せて、大雨の中を『銀河』は広島港へ帰りました。
posted by RainbowCity at 09:59| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 イベント(開催日注意) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。